2月16日(金)、コープクルコ中越センターで「環境にやさしい生活出前講座」を開きました

2018年4月10日

日時 2018年2月16日(金)
場所 生活協同組合コープクルコ 中越センター(長岡市)
参加人数 組合員ら11人

  中越エリア協議会は2月16日(金)、コープクルコ中越センター(長岡市)で「環境にやさしい生活出前講座」を開催し、組合員ら11人が参加しました(画像①)。
 
180216_1.jpg

(画像①)コープクルコ中越センターで開催した出前講座には、組合員ら10人が参加しました


 このイベントは環境に関する専門家をお招きし、環境問題や普段の生活でゴミの減らす工夫や、家庭で出来る省エネを分かりやすく説明してもらいました。


180216_2.jpg

(画像②)新潟県地球温暖化防止活動推進員の三井田 由香さんをお招きしました。


 始めにコープクルコの小林翠理事が参加者に挨拶とスタッフを紹介。次に出前講座の講師を務める新潟県地球温暖化防止活動推進員の三井田 由香さんを紹介しました(画像②)。
 
180216_3.jpg

(画像③)約1時間ほどかけて、環境問題について話していただきました


 講座では、クイズやサイコロトークをはさみながら、「地球温暖化が進むとどうなるのか」「地球温暖化はなぜ起こっているのか」「解決のための選択肢には何があるのか」の3つのポイントで環境問題を説明していただきました(画像③)。

(画像④)間伐材を使って箸を作る組合員

(画像④)間伐材を使って箸を作る組合員

(画像⑤)お箸作りが終わると、茶話会を開きました

(画像⑤)お箸作りが終わると、茶話会を開きました

(画像⑥)試食会では、理事やスタッフも加わり、楽しいひとときを過ごしました

(画像⑥)試食会では、理事やスタッフも加わり、楽しいひとときを過ごしました

 三井田さんの楽しい講座の後は間伐材を使用した「お箸作り」をしました。参加した組合員は紙やすりで間伐材を削り、角ばった部分を丸くしたり、表面を滑らかにしたりと、それぞれの箸作りを楽しみました。(画像④)。
 
 その後、講師の三井田さんを囲んでコープクルコで企画中のお菓子(冷凍ケーキ・らくがん・ナッツ)や飲み物で茶話会を始めました(画像⑤)。茶話会では、コープクルコの商品の話や、家庭でできるエコの話で大いに盛り上がっていました(画像⑥)。茶話会の後にはコープクルコの職員からクルコで行っている牛乳パックやたまごパック、ご覧になった「週刊KuruCo」などの回収・リサイクルについてのお話をさせていただきました。
 
参加者の皆さんに実施したアンケートでは、
「普段聞くことのできない話を聞けました。日頃の生活を見直すきっかけになりました」
「環境問題を具体的に教えていただき、とても勉強になりました。常に意識を持って生活したいと思います」
「冷凍ケーキがとても美味しかったです。講座では、分かっているようで知らなかったことが多かったです。このような企画がないと聞けない内容でした」
などの感想や意見があり出前講座は正午に終了しました。
 
 生活協同組合コープクルコでは、親子で楽しめるイベントや製造業者をお招きしての学習会、調理実習、試食会などを開催しています。詳しくは毎月第2週目に配布されている「エリアだより」、またはコープクルコのホームページ内にある「エリアだより」をご覧ください。
●参加・イベント「中越エリア エリアだより」
http://kuruco.coopnet.or.jp/event/area_news/chuetsu.html