「2018年田んぼの学校」を開催しました。

2018年6月27日

日時 2018年5月13日(土):潟東会場、5月27日(土):五泉会場
参加人数 潟東会場 大人45人、子ども38人、五泉会場 大人24人、子ども19人

 このイベントは水田で田植え・稲刈り、バケツ稲を育てることで、クルコのお米が「どこで」「どのように」できるのかを知り、生産者との交流を通して自然や環境を守る大切さを体験してもらうということを目的として、新潟東エリアと新潟西エリアの組合員を対象に毎年開催しています。

 今年度は、2会場で開催し、5月13日に潟東会場(大人45人、子ども38人の計93人が参加)、5月27日には五泉会場(大人24人、子ども19人の計43人が参加)で開催しました。

 潟東会場はこの日、小雨が降ったりと肌寒い一日となりましたが、

参加者は裸足で田んぼに入り、稲を植えました。

180627_1.jpg

(画像①)大人も子どもも協力しながら田植えをしました(潟東会場)

180627_2.jpg

(画像②)泥だらけになりながら楽しく体験できました(潟東会場)

 五泉会場は暖かい日差しのなか、子どもたちが木枠を使って

田植えの線を付ける作業を行いました。

180627_3.JPG

(画像③)木枠で田植えの線を付けました(五泉会場)

180627_4.JPG

(画像④)快晴にも恵まれ笑顔溢れる体験となりました(五泉会場)  

両会場とも生産者の指導のもと、スムーズに田植えが終わり、クルコで企画中のアイスクリームやお菓子の試食をしました。その後自宅で育てるバケツ稲の説明があり、参加者は熱心に説明を聞いていました。次回「稲刈り・収穫祭」は潟東会場で9月23日、五泉会場で10月7日に開催予定です。  
 

生活協同組合コープクルコでは、親子で楽しめるイベントや生産者や製造業者をお招きしての学習会、調理実習、試食会などを開催しています。詳しくは毎月第2週目に配布されている「エリアだより」、またはコープクルコのホームページ内にある「エリアだより」をご覧ください。