ご挨拶

コープクルコ理事長

コープクルコ理事長
山口 栄

生活協同組合コープクルコの組合員の皆さまには、日頃より運動・事業の参加とご利用いただき心より御礼を申し上げます。

コープクルコは総合生協の宅配部門を分離し、その受け皿として立ち上げた新しい生協です。総合生協の宅配事業「KuruCo」のDNAを引き継ぐ生協として、今まで通りこだわりのプライベート商品をはじめ、県内生産者・メーカーや取引先と連携し、地域を重視し地域に密着した運動や事業展開を積極的に進めてまいります。併せてコープデリ連合会と連携を図り、今まで取り扱い出来なかった共同開発のCO・OP商品の品揃えも強化し「選べる楽しさ」を提案していく予定です。また、環境に配慮した商品開発や循環型農業・社会づくりに組合員とともに取り組んでいきます。多くの組合員の皆さまのご参加とご協力をお願いしたいと思います。

1955年3月5日に産直の10円牛乳から始まった総合生協クルコの購買事業は、72年に福対協消費者センターを開設し、店舗を中心にした共同購入事業を行ってきました。87年に物流センターを立ち上げて本格的に共同購入宅配事業をスタートさせました。この60年を超えて連綿とつながる組合員のための生協の活動が新しい生協「コープクルコ」に受け継がれ、コープデリ連合会やコープにいがたと連携しながら進めてまいります。

これからも役職員一同、組合員の毎日の暮らしと健康を守り、食の安全と安心に一生懸命取り組んでいきますので、組合員の皆さまの引き続きのご支援ご協力をお願い申し上げます。

生活協同組合コープクルコ
理事長 山口 栄