「簡単!梅干し作り」を開催しました。

2019年7月18日

 クルコでは、日本の伝統保存食である「梅干し漬け」の継承と、家庭での手作りの味を子どもたちに知ってもらいたいという願いから、誰でも簡単にできる梅干しづくりの講習会を毎年開催しています。
今年度は、2019年6月22日(土)に新潟市西区の新潟流通センター会館で開催し、66人の参加がありました。

当日は、クルコの組合員でもある関口智子さんを講師として迎え、新潟県を代表する「亀田藤五郎梅」を使って梅干しを作りました。この日は休日ということもあり、親子で参加された方も多くいました。梅を拭いたり、竹串で梅のヘタを取ったりとお父さんやお母さんのお手伝いをするお子さんもいて、家族みんなで共同作業をしながら楽しそうに会話を弾ませている姿も見られました。

 梅を漬ける作業が終わると、昨年漬けた梅干しの試食と講師の関口さんへの質問コーナーをおこないました。参加者からは「カビてしまったらどうすれば良いですか?」「梅を干すときはどのようにしたら良いですか?」などの質問があり、とても有意義な時間となりました。

 コープクルコでは、今後も「食」に関するとりくみをすすめていきます。

▲今年もたくさんの方からご参加いただきました      

▲今年もたくさんの方からご参加いただきました

     
▲講師の関口智子さん

▲講師の関口智子さん

▲産直産地である新潟市江南区(旧亀田町)で栽培された「藤五郎梅」

▲産直産地である新潟市江南区(旧亀田町)で栽培された「藤五郎梅」

▲子どもたちにとっても貴重な経験になりました

▲子どもたちにとっても貴重な経験になりました